視力矯正はレーシックよりICL(眼内コンタクトレンズ)【リスク・デメリットを解説】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
目 ICL手術体験記



にゃろ
困ってる猫

視力がめちゃくちゃ悪くて視力矯正のうち《ICL》か《レーシック》をやろうか迷ってるんだけど、それぞれどんな違いやデメリットがあるの??

 

視力を良くしたい時に悩む一つの理由として矯正方法は

【レーシックとICLどっちがいいか?】ということではないでしょうか。

レーシックは角膜削るのが怖い、
ICLは目の中にコンタクトを入れるのが怖い。などマイナスなイメージが強く、メガネやコンタクトの不便さから解放され、便利とわかっていても

「まぁ決めるのはまた今度でいいか」とつい先延ばしにしてしまいますよね。

大事なことは正しくリスク向き合い理解することです。

僕は徹底的に調査した結果、手術方法にICL手術を選び2020年6月に《品川近視クリニック 東京院》にてICL矯正手術を行いました。
今回はそんなレーシックとICLの違いやメリット・デメリットについて体験を踏まえ解説していきます。

品川近視クリニックを選んだ理由はこちら

スポンサーリンク

レーシックとICLの矯正方法の違い

 

レーシックとICLについて解説していきます。

レーシックの矯正方法

レーシックは今は広く普及され身の回りにも実際に治療された人が多いのではないでしょうか。

目の表面の角膜をレーザーで削り、屈折率を変えることで視力矯正が可能となります。

LASIKは、正式名称である「Laser in Situ Keratomileusis」の略 であり、「レーザー照射を本来の場所に収まったままの眼球に施し、角膜を彫り整えること」の意味です。

レーシックの手術方法

レーシック 手術方法

参照:視力ケアセンターより

 

ICLの矯正方法

ICLはレーシックと比べるとまだ広く知られていません。
知り合いに「ICLやるんだ」って言ってもいまいちピンと来ませんが、
「レーシックみたいなやつ」っていうとすぐ「ああ!」となります。

ただこれからは広く普及していくことは間違いないでしょう。

ICLとは眼内コンタクトレンズのこと

ICL(Implantable Contact Lens)の略称。
レーシックとの違いはICLは目の中に生体適合性の特殊なレンズをいれて、視力を矯正する。
【永久コンタクト】という名前もあり、術後問題がなければ目の中に入れっぱなしです。

ICL手術の流れ

ICL 手術方法

参照:品川近視クリニックHPより

 

ICLもレーシックも術前検査はこれでもかってくらいしっかり行うので安心して取り組めます。

ICL・レーシックのメリット・デメリット・リスクとは

僕がICL・レーシックを調べて感じたメリット・デメリットを表にまとめました。

レーシック ICL
メリット

 

・価格が安価

・手術までが早め(一日レーシックというプランも存在する)

・何かあったときにレンズを取り出せる(可逆性がある)

・強度の近視でも手術可能

・眼内レンズで紫外線を90%以上カットしてくれる

・視力戻りが少ない

・見え方の質が良い

デメリット

 

・ドライアイになる可能性有

・視力が戻る可能性有

・一度削った角膜は戻せない

・強度の近視だと手術不可

・ハロー・グレア(暗い所で光がにじんだりする現象)が起こりやすくなる

・価格が高額

・レンズを発注する為、手術まで時間がかかる可能性がある

・夜間強い光を見た時周りに光の輪っかが見える

 

どこを調べてもレーシックと比べるとICLが強く推奨されていました。
どちらもリスクはありますが医師からすれば、よりリスクが低い方をオススメするのは当然ですよね。(費用が高く商売になるということもあるかもしれませんが笑)

 

僕がレーシックよりICL手術に決定した理由

有楽町駅 

先述したICL・レーシックのそれぞれメリット・デメリットが全てです。
目は一生モノなので、「費用を抑えよう」という考えはなく、多少費用が高かろうが、リスクが低いICLに決めました。やはりなにかあった時に取り出せる可逆性があるのはとても大きいです。

またレーシックと比べた際にメリットが多かった点も一つの理由です。

個人的にICLについてネットで調べましたが、見え方についてあまり悪い情報は目に入らず、どちらかというと手術の先生や検査看護師の対応に対する悪評が多かったように感じます。

ICL手術は実際に周りの人間に聞いても誰もやったことがない手術でした。
リアルの情報がなく、インターネット・SNSでICLのリスク・デメリットを徹底的に調べ上げました。

その点レーシックだと身の周りの知り合いにも数名体験者がおり、一部は「視力戻りが発生してしまった」などのリアルな情報が入ってきたということもICLを決意した決め手となりました。

現在ICL手術をして1週間経過しますが、見え方も一切問題ないです。
視力は0.02→1.5まで回復しました。

これだけ良くなると世界が変わります。
レーシックかICLで悩んでいる方は(費用に余裕があれば)強くICL手術をおすすめします。

その上でこの記事が僕と同じように悩んでいた人の助けになれば嬉しいです。

病院選びの重要については詳細記事がありますのでそちらを参照してください。

適応検査についての流れもまとめました

おまけ 品川近視クリニック紹介優待クーポンの配布について

品川近視クリニックではレーシック・ICLの紹介制度があり、紹介クーポンを利用することで1万円~7万円の割引が可能です。

お渡しは下記メールアドレスかツイッターのDMまでご連絡いただければクーポンを画像でお渡しします

メールはこちら👉nyaro.liberty@gmail.com

ツイッターはこちらからどうぞ👇

またわからないことがあれば気軽にご相談ください。
体験し分かる範囲でお答えします(^^)

コメント

  1. […] 視力矯正ならレーシックより断然ICL【体験者が違いやリスク・デメリットを解説】 困ってる猫 視力がめちゃくちゃ悪くて視力矯正のうち《ICL》か《レーシック》をやろうか迷って […]

タイトルとURLをコピーしました