uber eats配達員初心者が気づいた体験談まとめ【初日編】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
uber 配達 ウーバーイーツ



会社を退職しuber eats(ウーバーイーツ)の配達員となり、実際に配達をしてみて気づいたことをまとめてみました。

もっとこうしたほうが効率良いとか、体験する前と体験した後など、自分なりの観点からアウトプットしていこうと思います。

スポンサーリンク

Uber配達スタート時の注意点について

まず画面上でオフライン→オンラインに切り替える。
出発ボタンをタッチすることでオンラインとなります。

Uber 配達

これによりウーバーイーツ加盟店のお店からリクエスト(配達要請)を随時受け付け中の状態になる。

悪用防止の為、オフラインからオンラインに切り替える際、その場で自分の写真を取る「本人確認リクエスト」が表示されるときがある(ランダム)1分で終わります。

実際に配達員の写真と違う人がきた、なんて事例があったそう。怖いですよね笑

オンラインにしてリクエストが飛んでくるまでの間は待機待ちとなる、この時にブログ更新やnote執筆するとなおさら効率が良いかな。ただなかなか寒空の外では厳しいところがありますね(泣)

ちなみに裏画面(画面表示切り替え)にしても配達は受付中なので他のアプリを触ることも可能。

Uber配達リクエスト受け取り後について

リクエストが来たらおおよそのお店までの時間と受け取り可否が通知されます。

お店の場所はその時点で確認できるけど、店名まではわかりません。
※店名を見てからのキャンセル防止と思われる(汁物などは配達員から嫌われやすい)

地図上にお店の名前が表示されており、「ここだな」とわかる場合もあります。

大手のマクドナルドやケンタッキーなどは地図上にも店名が記載されていることが多いので分かりやすいですね。

受け取ったらUberアプリでの地図を見ながらorグーグルマップに切り替えて店までピックアップ(受け取り)にいきます。なお、グーグルマップではピンずれ(正しい位置が表示されない)などのバグが出やすい為、個人的にはUberアプリの地図でお店までいくことが早いと思いました。

僕が使っているウバック(uberイーツ用のバック)はこちら

サードパーティのバックも登場しています。
安価で性能もあまり変わらないのでこちらでも十分。

Uber商品受け取りについて

お店に到着したら、アプリに記載してある6桁の番号(英数)を店員さんに伝えます。

店員さんから「番号をお願いします」と言われることもあります。

番号を伝えたらすぐに渡してくれるお店もあれば、しばらく調理して渡してくるお店もあります。

5分とかならいいのですが、10分、15分になってくると歩合制の配達員にとっては痛手ですね。

そういった場合は受付キャンセルも可能です。ダラダラ待つより、時間が読めない時は判断を早めにすると効率良くなりそうですね。

ちなみにお店側には完成(間近)してから配達依頼してもらうと助かります。。。

配達員が行う評価について

また配達員はお店側の評価、お客様の評価をそれぞれ行うことができます。
あまりにも悪い態度や接客だったら心苦しいフリをしてバッド評価しましょう。

ちなみに評価しなくても次画面にはすすめます。

僕は普通に受け渡しが終わればGOOD評価を付けていますbb

商品ピックアップ後(受け取り後)について

料理を受け取り配達する、開始ボタンをスワイプしたら初めてお客さまの住所が表示されます。

なので遠いからといってキャンセルはなかなかできません。(キャンセル事態はできます)

ただキャンセルをしすぎるとAIによりペナルティが課せられ、配車されづらくなるとかなんとか、、

僕は初日からロング(届け先が遠い)配達をくらって、4,5kmを3回配達しました。
これがなかなかつらい、、、ショート(配達距離が短い)は1kmも無い時があるそう。

 

配達リクエストを何も考えずに受け付けてしまうとどんどんホーム(自分の家やメイン配達区域)から離れていってしまいます。僕はこれをやらかしてしまいました。。。
最後あたりにはうまく家方向への配達があるとは限りません。

なので反省としてはホーム区域からちょっと離れたな、と思ったら一度オフライン(オフラインにすればリクエストは飛んできません)にしてホーム付近まで戻るのが得策だなと思いました。

そちらのほうが最後1時間かけて帰還するより確実に効率がいいです。

ただ数珠る(配達中にリクエストが飛んでくる)とついつい受けてしまいます。
断る勇気を持とう。。。

ドロップ(商品の受け渡し)について

商品をお客さまにお届けする方法は手渡しor置き配があります。

最近はコロナの関係から置き配が多いように思います。

受け渡し方法はお客さまの備考欄に書いてあるのですぐに分かります。

置き配の場合、玄関先に置いたら写真を撮り、置き場所のメッセージを添付し配達完了となります。

手渡しのときは写真を撮る必要はありません。

ただ置き配と指定があったにも関わらず料理を置こうとしたらドアが開いて手渡しする場合もあります。

このときは写真を撮るをスキップして配達完了となります。(ひと手間かかりますね)

あと感覚としては配達場所はマンション(オートロック付き)がダントツで多いです。
一戸建ては今の所ありません。マンションは住所が分かりやすいからいいですね。

少し郊外に行くと同じ番地で並んでいて家がわからないことも多いとか。

記念すべき初日の売上は

初日の売上は1時間半稼働して1500円でした。時給ギリギリ1000円といったところでしょうか、配達効率等、慣れてくれば時給3000円程度も可能かと思われます。

今後も売上については伸びしろがあるから楽しみです(^o^)

インセンティブ(配達プラスアルファ)の報酬についてはまた別途解説します。

uber配達レビューまとめ

実際に体験するのとしないのでは大きな違いがあるなと思いました。

例えば、配達を始める前まではちょっと緊張していたけど、いざ始めたらなんとかなったり、

汁物こぼしたら嫌だなあとか思いつついざ運ぶと思い過ごしだったりして、なんとかなったり、

実際にやらなきゃわからないことだらけでした。
それと同時にやってよかったなと思います。

僕自身、見たこともない景色を見ることがすごい好き+お客さまの笑顔が好きなので何気に合っている仕事なのかな、と思いました。あと地図も覚えます。東京に住んでいてこれは大きな利点ですね。

また「ここテイクアウトやってるんだ」「このお店美味しそうだないい接客だな」などなどお店の情報もしれます。食べ物好きにはたまりません。

またメリットデメリットについては別で紹介しますね。

まずは安全と健康を最優先で楽しみながら稼ごうと思います!(^o^)

 

 

タイトルとURLをコピーしました