過去最大級の台風10号(2020年)が接近!関東や東京都内に影響はあるのか。対策も紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常



2020年9月現在、「過去最大級の災害の恐れがある」と言われる台風10号が九州に接近しています。

予報では九州を抜けて韓国側に北上していくとあり、関東に直撃とはならないそうですが、過去最大の台風と言われるだけあって「関東や東京都内になにか影響は無いのか?」「備えるべきことはあるか」調べてみました。

スポンサーリンク

台風10号(2020年)の台風はどれほどの勢力なのか

9/6台風10号の現況です。

 大型で非常に強い台風第10号は、6日5時には奄美大島の南東約220キロにあって、1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心の南東側280キロ以内と北西側185キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

気象庁より

ヘクトパスカル(hPa)とは一定範囲の大気中の中の圧力の強さを表す単位です。

低ければ低いほど勢力が強くなります。

台風10号(2020年)は過去最大の台風を上回る

過去日本最大の台風は伊勢湾台風(1959年)といわれています。
この時の中心気圧は929ヘクトパスカル。4万人以上の死傷者を出した台風です。

今回の台風10号が現時点で920ヘクトパスカル。

実際の被害と比べるとどれほど勢力が強いかおわかりいただけると思います。

現在は1959年当時と違い、情報が発達しているため事前に詳しく知ることができますので今回の被害が少ないことを祈るばかりです。

関東や東京都内に台風10号の影響はあるのか

これほどまでに勢力の強い台風10号。

本州に上陸こそしないものの関東圏内や東京に影響はあるのでしょうか。

tenki.jp公式によると、台風から離れた関東にも活発な雨雲が見られ、9/6~9/8にかけて激しい雷雨が考えられるとの事です。

2020年 台風10号 関東

tenki.jp公式より引用

暴風等はそれほど心配しなくても良さそうですが、大雨に伴う土砂災害や河川の増水には注意が必要でしょう。

何故台風10号から離れているのに関東に影響があるのか?

関東と九州はとても離れているのに何故台風の影響で雷雨が起こるのでしょう。

理由は空気の合流点がたまたま東海・関東付近だからということです

関東甲信は台風から遠く離れていますが、日本海にある前線や高気圧の縁に沿って暖かく湿った空気が流れ込みやすく、大気の状態が不安定になっています。

台風と離れているから安心。というわけではないんですね。

台風10号(2020年)の対策はどうすればいいのか

台風は人があらかじめ予期できる災害です。もしもの時の為にしっかりと備えておきましょう。

対策をあげていきますね。

☑断水時の飲料水等の確保→水を買いだめ・お風呂に水をためておく

☑停電に備え懐中電灯・ロウソク・スマホのモバイルバッテリーをフル充電

☑雨戸があれば締めておく。飛散防止フィルムを貼る

☑インスタントや缶詰など腐りにくい食料品の確保

簡単ではありますが最低限やっておきたい対策です。

もちろん家の外に出るのは極力控えましょう。

万が一避難所等に避難する際はマスク等の感染予防グッズも欠かさずに持っていきましょう。

僕はPITTAMUSK(ピッタマスク)を愛用しています。
何度も洗えて再利用できるのでとても使い心地がいいです。紹介記事はこちら。

まとめ:過去最大の台風10号(2020年)関東や都内の人も十分注意しよう

今回は日本を震撼させている台風10号についての解説でした。

これからもシーズンなので台風11号12号と立て続けに発生すると思われます。

台風が発生してからでは遅いので、今から防災用品を揃え、備えて起きましょう。

 



日常
スポンサーリンク
にゃろをフォローする
にゃろブログ
タイトルとURLをコピーしました