スマートロックのセサミ(sesame)が故障【分解修理してみた】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
sesami セサミ スマートロック ガジェット



スマートフォンが鍵になるめちゃくちゃ便利なスマート家電のスマートロックですが先日帰宅時に回らない状態になり、故障し動かなくなりました。

僕はセサミ(sesame)miniを使っていますがついに壊れた模様です。

危うく締め出されるところでしたが、過去の冬に一度故障し真冬に締め出された経験があるので予めキーボックスを外に設置していた為、今回は締め出しを免れることができました。

実際に使用した詳しい経験や締め出し時の対処方は下記にて掲載しております。

セサミスマートロックSESAMEで締め出し予防対処法3選を紹介!

スマートロックSESAME(セサミ)1年使用した感想は?口コミも紹介!

正確には動いているのですが、OPENモードにしようと画面をタップしても中のモーターが空回りしているような「カチッカチッ」という音がする(普段はウィーンといってキーが回ります)

今回は試行錯誤しこの故障を自力で治すことができたのでお役に立てればと思い修理までの流れを掲載します。(修理に分解等を伴いますのであくまで自己責任でよろしくおねがいいたします)

スポンサーリンク

セサミ(sesame)が回らない故障の原因はモーター不良

sesami セサミ スマートロック

結論からいうとセサミが故障した原因はモーター不良です。

特に激しく1日100回とか使っていたわけではありません。

なぜわかったかと言うとセサミminiの管理元である(CANDY HOUSE社)に画像・動画付きのメールで「スマートフォンとセサミミニでブルートゥース接続はできるがオープンにならない」と状況を説明したところ『モーターの故障と思われます。買って一年過ぎてるから3000円+送料込の有償修理するか新しいセサミ3(税込み6380円)を購入推奨』とのこと。

ちなみに過去に一度故障して修理依頼したときは一ヶ月近くかかりました。
セサミ3販売到着は5月中旬になるとか言われてるし、そんなに待てない。

購入して二度目の故障で度重なる迷惑をかけつつもそのことを全く考慮しないこの対応に納得がいかない筆者は『モーターの故障』という情報を頼りにモーターの交換作業をすることを決意。

モーター取替のおおまなか流れを説明します。

回らないセサミ(sesame)モーター故障取替に用意するもの

セサミのモーター故障を修理する為に用意したものを紹介します。

  • 特殊精密ビス(セサミ本体カバーを外すため)
  • プラスドライバー
  • はんだごて・はんだ
  • モーター(Amazonで類似品購入)

これらがあれば可能です。
全てコミコミで3000円もかからずにできました。

お使いのセサミがモーター故障と判断されたときはこの自力でモーター取替することも一つの対応として考えてみるといいかもしれません。

購入した商品のリンクを掲載しておきます。

モーター:uxcell ギアモーター 減速電機 マイクロギアボックス ギヤードモータ 電気 DC 6V 50RPM

 

・はんだごて

 

・精密特殊ドライバーセット

 

動画等を撮ればよかったのですが、撮り忘れたので大まかな手順をおって説明します。

回らないセサミ(sesame)修理!分解しモーター故障取替の手順

セサミの修理手順を紹介します。

といってもやることは単純で
1:セサミ(sesame)のカバーを取り外し
2:モーターの取替
3:セサミ(sesame)のカバー取り付け
この3ステップのみです。

取替時間も20分あれば充分でしょう。

1ヶ月かかるところ20分で治るのであれば安いものです。

セサミのカバーを取り外し

セサミ(sesame)のカバーを取り外します。

この際プラスのネジと特殊ビスをドライバーで取り外す必要があるため先程紹介したドライバーを購入しておくことをオススメします。

プラスドライバーでなんとか頑張ってみたけど外せませんでした。

特殊なビスの形

 

これが実際に購入した精密特殊ドライバーです。

ネジの種類は不明でしたが、このドライバーならめちゃくちゃ種類が多いのでどれか当たるだろうと思って購入したら画面右上の六角形の5番をつかえば開くことができました。

少しずつずらして試してみてください。

セサミ(sesame)故障!モーターの取替ハンダ作業

セサミ(sesame)を分解したら中身はこんな感じになっています。

この中でモーターを引っ張り出しハンダごてを当てて取り外し、再度ハンダ付けする作業を行います。

外見上は問題有りませんがこの中身がダメになっている様子。

セサミ モーター

配線はモーター側面にある白線・赤線そしてモーター本体に取り付けてある黒線の3種類。

配線を間違えると取り替えても動かなくなるかも知れないので予め写真を撮っておきましょう。

注意点
モーターの回る部分が半円と完全な円で異なりますがこちらは分解可能ですのでプラスドライバーで分解して取替してください。

セサミ sesami スマートロック

 

写真には残っていませんが、小さなネジがめちゃくちゃ多いです。
わからなくなってしまって動かなくなるかもしれないのでこまめに写真をとり、ねじをなくさないようにしてください。

そして最後は取り外した順番にカバーを取り付ければ修理完了です。

壊れる前と遜色なくセサミ(sesame)を使用可能となりました。

セサミ(sesame)の故障はよくある?口コミを調べてみた

実際に筆者のようなケースはあるのでしょうか。口コミを調査してみました。

購入から1年じゃなくて故障してから1年にするなど柔軟に対応してほしい思いはありますね。
1年キッカリで保証が切れるのはどうも悲しい。

 

筆者とまったく同じ状況の方も。

やはり似たような事例はあるようです。

分解修理の詳しい記事が見当たらなかったので筆者にて手順を紹介しました。

冒頭にも述べましたが分解・修理はあくまで自己責任でよろしくおねがいいたします。

他の原因で故障してスマートロックがないと不便だ!すぐにほしい!という方はQrio(キュリオ)を購入してもいいかも知れません。

こちらもスマートロック・sesameのライバルとして有名で評判も良い製品です。

 

セサミスマートロックSESAMEで締め出し予防対処法3選を紹介!

タイトルとURLをコピーしました