【結論】筋トレにほうれん草は相性抜群【減量時にも役立ちます】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほうれん草 筋トレ 食事



にゃろ
にゃろ

筋トレしているトレーニーを見ると野菜はほうれん草を食べている人が多い気がする。ほうれん草をチョイスする理由はあるの?

フィットネス系YouTubeを見ていると【鳥の胸肉】に【ほうれん草】という組み合わせをちょこちょこ見かけます。

胸肉は良質なタンパク質なので分かるのですが、ほうれん草はなにか筋肉に良い効果があるのでしょうか。

今回はほうれん草と筋トレの相性、関係性について紹介します。

スポンサーリンク

ほうれん草の成分

ほうれん草の成分表はこちらになります。(100gあたり)

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物
25kcal 2.6g 0.5g 4.0g

ほうれん草は約90%が水分を占めており100g食べたとしても25kcalのカロリー摂取となります。

またほうれん草は緑黄色野菜に分類され鉄分、ミネラル、βカロテン、ビタミンCを豊富に含み大変栄養価が高い食材です。

ほうれん草が筋トレと相性がいいとされている理由

ほうれん草

それではさっそくほうれん草が筋肉に良い理由を紹介します。

ほうれん草に含まれるβカロテンが体の味方

活性酸素が体の中で発生するとタンパク質や脂質に悪影響を及ぼす可能性があります。

ほうれん草にはβカロテンが豊富に含まれていると先述しましたが、この成分には活性酸素を除去する働きがあります。

つまりほうれん草を食べれば筋肉の元となるタンパク質を含む成分が悪影響を及ぼさなくなるということです。

また活性酸素を除去すると動脈硬化の予防や改善にも効果があります。

ほうれん草を食べ続けると筋力がアップする?

ベルリン大学の調査によるとほうれん草を食べ続けた人は筋力がアップすることを研究で明らかにしました。46人の被験者に対し行った実験なので信ぴょう性も高いですね。

この結果に至ったのはほうれん草には『植物性ステロイド』ともいわれる【エクジステロン】と呼ばれる成分が含まれているからなのだとか。

ただよほど食べないとドーピングど同程度の効果は発揮されないとのこと。

健康のために必要なだけ食べる。とほどほどに食べるのが大事です。

 

筋トレ以外でのほうれん草が及ぼす効能

ほうれん草は大変健康に良い食材で筋トレ以外でも体にいい効果がたくさんあります。

今回は数ある中でも一部を抜粋して紹介します。

貧血を予防する効果

ほうれん草には野菜の中でも鉄分が豊富に含まれている食材です。

鉄分といえばレバー等が代表的ですが、クセが少し苦手という方は代わりにほうれん草から鉄分を摂取するのもありですね。

免疫力アップ

ほうれん草に含まれているビタミンC・Eには免疫を高めてくれる効果があります。

あくまで風邪等の『予防』に最適なので病気になる前に積極的に摂取しておきましょう。

便秘解消・美肌効果

ほうれん草には食物繊維が豊富に含まれているため、便秘解消にもってこいの食材。

便秘が改善されれば体の老廃物も排出されアンチエイジング効果も合わさります。

ほうれん草の中でも便秘解消に欠かせないマグネシウムという成分が根本の赤い場所に多く含まれているそうです。なので赤い部分は捨てずに食べるようにしましょう。

ほうれん草×筋トレは最高のアンチエイジング

ほうれん草のおひたし

ほうれん草と筋トレを掛け合わせた組み合わせがいかに健康的で筋肉に優しいかお分かりいただけたでしょうか。

ポパイがほうれん草を食べてムキムキなのがこの記事を読んで納得いった方もいらっしゃることでしょう

でもほうれん草って洗ったり茹でたりして調理がめんどくさいよ!

最近ではほうれん草も冷凍のものが店頭に並んでおり、レンジでチンするだけで食べられる便利な時代です。

もちろんお時間がある方はほうれん草を丸ごと買ってきて洗ってゆでて食べるという方法でもいいでしょう。

 

ほうれん草の魅力が十分にわかった今「もう鶏むね肉とブロッコリーの組み合わせは飽きたな。。。」と考えている方に代替案として真っ先にほうれん草をチョイスします笑

それくらい健康にコミットしてくれる素敵な野菜「ほうれん草」を是非筋トレ飯の副菜に加えてみてはいかがでしょうか。

ツナ缶の魅力もどうぞご覧くださいね

 

タイトルとURLをコピーしました