【筋トレの間食にはミックスナッツ】太らず筋肉をつける最高のおやつ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミックスナッツ 筋トレ 食事



にゃろ
にゃろ

筋トレしてる人がお腹空いたら何を食べるのがいいの?

筋トレ中の間食にはミックスナッツがおすすめです。

栄養が多いため食べすぎるとカロリーオーバーとなってしまいますが、正しく摂取すればこれほど間食に強い味方はいません。ただでさえダイエット中や減量中は食べるものを考える必要があります。

その点ミックスナッツは栄養や美容の点でも大変優れた食材。

今回はそんなミックスナッツと筋トレについてお話していきます。

スポンサーリンク

ミックスナッツとは

ミックスナッツ 

ミックスナッツはアーモンド・カシューナッツ・くるみなどの種実類(しゅじつるい)の木の実に分類されるものをいいます。

ちなみにピーナッツはナッツと文字が入りますが、アーモンドたちの仲間ではありません。
地面の下で育つ落花生からとれるので【マメ科】になります。

筋トレとミックスナッツの相性がいい理由

筋トレにはミックスナッツが良いと言われる理由は

ナッツはほとんどが高タンパク・低炭水化物だからです。
筋肉にはタンパク質が欠かせません。

ナッツは手軽にタンパク質を補給することができます。

例えばナッツの代表、アーモンドを例に取ると
100gあたり10.4gのタンパク質が含まれています。

1食あたりのタンパク質の推奨摂取量は20gが目安と言われています。

間食に ポテトチップスやアイス等の高脂質・低タンパク質のおやつを食べるより、ナッツを食べたほうがお腹も膨れて筋肉のためにもなります。

僕もポテチはめっちゃ好きでしたが健康の為に間食をナッツへ切り替えました。

その結果太りづらくなり「食べても食べてもお腹がいっぱいにならない」という現象が減りました。

 

ミックスナッツの1日の摂取量目安は?

手のひらにのっかったミックスナッツ

よく「ミックスナッツの1日の摂取量は○○グラム!」と見かけますが、スケール(測り)を持ち歩いているわけではありません。

なので僕は【片手にのっかってこぼれない程度】を1日の食べる目安にしています。

よく推奨されている摂取量は25gです。ご参考までに。

ミックスナッツは筋肉にいいおやつとはいえ高タンパク・低炭水化物にくわえ、高脂質でもあります。

なので食べやすい・美味しいからといって食べ過ぎは禁物。

調子に乗って「もう少しなら。。。」と自制できない人はすぐに太ります。

ナッツは高脂質だけど良い脂質

脂質は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類があります。

ミックスナッツに含まれる脂質は不飽和脂肪酸。

不飽和脂肪酸はエネルギーに変化しやすくダイエットに適した脂質です。
脂肪燃焼を促進してくれたり、脂肪をつきづらくしてくれます。

ただ良い脂質といっても脂は脂。

食べ過ぎると逆効果なので自分で決めた1日の摂取量はしっかりと守りましょう。

 

ミックスナッツは無塩と有塩どちらがいい?

健康を優先するならば無塩

美味しさを優先するならば有塩

これにつきます。

僕はカシューナッツが大好きなので、風変わりですがカシューナッツだけは有塩でそれ以外のナッツ(くるみ・アーモンドなど)は無塩のものを購入して混ぜて食べています。

これが本当のミックスナッツですね

美味しく食べたい・でも健康には気をつかいたい。

そんなおいしいとこどりを実現しました。

おすすめの食べ方です\(^o^)/

筋トレの間食にはミックスナッツである理由まとめ

僕は職場に通っている頃には携行できる下記写真のような密閉容器を購入し、その中にミックスナッツを詰めて仕事中お腹が空いたときにポリポリ食べていました。

本来であればタンパク質を定期的に補給するためプロテインを飲みたいところですが、職場ではそうはいかない。

怪訝な目で見られてしまいます。

その点ミックスナッツは手軽に持ち運びでき、匂いも少なく、食べるとき大きな音もしないので仕事の合間に食すのにはとても適している食べ物です。

これを機に日々のカロリー高めのおやつをナッツ類に切り替えてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました