【ミニマリスト】手ぶらで通勤する時に必要な持ち物を全部まとめてみた!【少数精鋭】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
手ぶら ミニマル



よくよく考えれば通勤の時にカバンいらなくない?

僕はふとしたときにそう思いたち、会社員時代持ち物を最小限で手ぶら通勤を実践していました。

今回は手ぶら通勤時何を持って(ポケットに入れて)通勤していたのか、持ち物をすべて余すこと無く紹介します!

スポンサーリンク

社員証

これだけはなにがあっても忘れてはいけない。

社員証も電子化しないかなぁと思いながら仕方なく持っていっていました。

PASMO

僕は地下鉄ユーザーの通勤経路だったのでSuika(モバイルSuica)は使えなかったので歯がゆさを持ちつつこれも持っていっていました。

モバイルPASMOが始まるというニュースを2020年8月に聞いたのでこれから先どんどん電子化が進むといいですね。

カードケース(リール付き)

社員証・PASMOをセットで入れることができるカードケースです。

リールもついており、改札口ではカードケースを持って伸ばしてタッチできるので大変重宝していました。

これは首からぶら下げ、社員証が周りに見えないよう胸ポケットにしまって通勤していました。

AppleWatch

今や生活に欠かせない必需品です。

僕はpaypayや天気をホーム画面に設置して、朝家を出る時に天気を確認したり、コンビニで買い物をする時に電子決済したりと生活の支えにもなっています。

時計なのでお風呂に入る時以外は常に左手首にポジショニングしています。

abrAsus(アブラサス)の薄い財布

abrAsus(アブラサス)はミニマリストに愛される財布です。

名前の通りとても薄い。

厚さは驚きの約13mm。

財布ってポケットに入れると違和感あるレベルで膨らみますよね。
せっかく手ぶら通勤をするんだったら服もスマートに着こなしたい。

そんな願望をアブラサスの財布は実現してくれました。

めっちゃくちゃ薄いのでポケットに入れても全く違和感なくパンツを履きこなせます。

 

「財布すら持つのが嫌だ」というワンランク上のミニマリストは手帳型スマホケースにクレカを挟み込んでお札も何枚か挿れて財布代わりにするのがいいでしょう。

現在の日本はある程度電子決済が進んでいるので、現金が必須であるお店は少ないのでそこまで困らないでしょう。もしもの為のお札もスマホケースに入れていますしね。

abrasusの使い心地や機能をレビューした記事はこちら

AirPods

AirPodsを使ってしまったらもうほかのイヤホンには戻れません。

それほどまでにiPhoneと相性が良いイヤホンです。

AirPodsの詳細レビューは下記にて紹介しています。

AirPods腕時計取り付け専用ケース

AirPodsケースって手ぶらとして通勤する上では意外と邪魔になってしまいます。

ポケットに入れるにしては大きいしベルト部分にカナビラで引っ掛けても会社の人から「なにこれ?」って言われる始末。

僕の着こなし的にもマイナスポイントです。

そこで腕時計専用のAirPodsケースの出番。

これはAirPodsイヤホン本体を持ち運ぶことに特化した作りになっており、腕時計のバンド部分に通して収納します。

こちらのケースも下記記事にて解説していますので是非ご覧ください。

POLOラルフローレンのハンカチ

ラルフローレンが好きなのでこちらをチョイス。

少しでも膨らみを抑えたいため、タオル生地ではない布タイプのハンカチです。

 

手ぶら通勤は一度やってみると良い

これが僕の手ぶら通勤時の持ち物すべてです。
不便をしたことは一度もありません。

満員電車でカバンの持ち手に迷うことが無くなります。

ただでさえ窮屈なのにカバンがあることで自分の首を締めるのはそろそろやめにしましょう。

一度手ぶら通勤を始めるとカバンやリュックを持つのが嫌になると思います。

仕事場PCとか使う人は厳しいかもしれませんが、、、

ただ手ぶら通勤は快適の一言につきます。

ミニマリストである必要は無いかもしれませんが、毎日持つ荷物を少しでも減らしてみるのはいかがでしょうか。是非手ぶら通勤を試してみてください!

 



ミニマル
スポンサーリンク
にゃろをフォローする
にゃろブログ
タイトルとURLをコピーしました