JR東日本の終電繰り上げとはいつからどこの線路で?何分?まとめてみた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
JR東日本 終電繰り上げ 日常



JR東日本は2021年春のダイヤ改正に伴い、終電を繰り上げすることを10月21日発表しました。

そもそも「終電繰り上げ」とは少し分かりづらいですが、最終電車の発車時刻を早めることです。

例えば「深夜1時が最終電車の終電を30分繰り上げる」という言葉は
終電が1:00→0:30になることを表します。

今回はJR東日本が終電繰り上げを行う理由はなぜなのか?終電繰り上げの線路はどこなのか?またどれくらいの時間早まるのかを一覧でまとめてみました!

スポンサーリンク

終電繰り上げの開始時期はいつから?

現在2021年春として発表されていますが、具体的な日にちまでは案内されていません。

ちなみに2020年は3月14日にダイヤ改正が行われましたので具体的な改正日時は2021年3月中旬を目安に考えていてもよさそうですね。

なんでJR東日本は終電繰り上げを行うの?

JR東日本がこのタイミングで終電繰り上げを行う理由は下記のとおりです。

1.新型コロナ感染対策
2.鉄道工事・保守の働き方改革に伴うサービス向上
JR東日本は10月21日公式プレス発表で終電繰り上げの概要について説明しています。
JR東日本では、保守作業時間を拡大するため、2021年春に終電時刻の繰り上げなどダイヤの見直しを行います。これにより、鉄道工事における働き方改革の実現や鉄道設備の設置・保守のスピードアップによるサービス向上を図るとともに、新型コロナウイルス感染症の拡大を契機としたお客さまの行動様式の変化に対応してまいります。このたび、都心から郊外に向けた終電時刻繰り上げなどの概要がまとまりましたので、お知らせいたします。お客さまにはご不便をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。
JR東日本プレス発表
鉄道の保守・メンテナンス・工事は電車が運行していない深夜に行うしかありません。
都心は始発も早いのでその分工事に割ける時間も限られます。
今回の終電繰り上げに伴い鉄道のメンテナンスに費やす時間が増えると思うと事故を減らせることにも繋がりますし、工事従業員の負担軽減にもつながるはずです。
またコロナ対策としても公共の利用者数が減ることとしても有効なので嬉しいニュースといえます。
事実、緊急事態宣言以降電車の利用者は減っており、需要のバランスも良いのではないでしょうか。

終電繰り上げを行う線路はどこの線区間?始発繰り下げはある?

終電繰り上げを行う線路は17線路です。

初電(始発)の繰り下げは5線区あります。
以下で一覧にしてみました。

【終電繰り上げ線路一覧】

✔山手線
✔京浜東北・根岸線
✔東海道線
✔横須賀線
✔南武線(立川・川崎方面行き)
✔横浜線(八王子・東神奈川方面行き)
✔中央線(各駅・三鷹方面行き)
✔中央線(快速)
✔青海線
✔武蔵野線
✔総武線(各駅停車)
✔京葉線
✔京浜東北線
✔高崎線
✔宇都宮線
✔埼京・川越線
✔武蔵野線(府中本町方面行き)
✔常磐線・常磐線快速
✔常磐線(各駅停車)

東日本JRプレス発表より

東日本JRプレス発表より

東日本JRプレス発表より

東日本JRプレス発表より

 

【初電(始発)繰り下げ線路一覧】

✔京浜東北・根岸線
✔中央線
✔総武線
✔常磐線(上り・下り)

東日本JRプレス発表より

終電・始発ともに繰り上げ・繰り下げ時間は30分以内で収まりそうです。

電車利用者が減った現状ではそれほど大きい影響でもなさそうですね。

ただ、来春以降は「終電をより意識して早めに自宅へ帰宅すること」を念頭に置いておいたほうがよさそうです。遅くまでお酒を飲んでしまうと早まった終電に置いていかれる可能性がありますからね

自分の帰路である終電情報もアップデートしておきましょう笑

またJR東日本より情報が入り次第記事を更新してまいります!



日常
スポンサーリンク
にゃろをフォローする
にゃろブログ
タイトルとURLをコピーしました