池田市長が市役所に置いた家庭用サウナはどこのメーカー?電気代はいくら?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サウナ 家庭用サウナ 池田市長 冨田裕樹 日常



11月17日大阪の池田市の市長である冨田裕樹市長は市役所に私物の家庭用サウナを持ち込み、使用した電気代金に相当する690円を市に返還しました。

10月23日に富田市長は記者会見にて家庭用サウナを市役所に持ち込んで使用していたことを謝罪いたしました。

今回の騒動を受け、池田市長は『サウナ市長』と言われているほど。

また今回池田市に返還したサウナ使用による電気代『690円』という値段が驚きの声が上がっています。

確かにサウナといえば温泉で暑い熱をずっと出している施設。

あれを家の中に置いたら電気代なんてバカにならないだろう。。。

そう思っていましたが、思いの外コストは安い模様。

今回は池田市長が持ち込んだ家庭用サウナのメーカー・家庭用サウナにかかる電気代を調査してみました。

スポンサーリンク

池田市長が市役所に持ち込んだ家庭用サウナはどこのメーカー?本体価格はいくら?購入方法は?

今回池田市長が市役所に持ち込んだサウナのメーカーを調べてみました。

出典:デイリー新潮

こちらが実際に市役所に設置されていた家庭用サウナです。

扉に小さく「NATURAL SPA(ナチュラルスパ)」と書かれていますね。

調べてみたところこちらは『株式会社 神戸メディケア』が販売しているサウナ

遠赤外線リラクゼーションサウナ NATURAL SPA ナチュラルスパ コンパクト/1人用 家庭用サウナで間違いなさそうです。

神戸メディケア公式HPでも購入可能ですが、

なんとAmazonでも販売していました↓

家庭用サウナ「ナチュラルスパコンパクト」の価格・設置方法は?

価格はメーカー希望小売価格58万8000円(税込み)ですが公式HPやAmazonでは29万8000円(税込み)で販売しています。

本体代金も思いの外安く感じてしまいますね。

また設置方法ですが、専用工事不要で組み立て式とのこと。

本格的なサウナだと専用の工事が必要だそうですが、こちらは家庭用サウナということもあり、半畳ほどの省スペースがあれば組み立て可能となっております。

設置工事の値段も抑えられて一石二鳥ですね♪

池田市長が市役所に置いた家庭用サウナの電気代は?1時間でいくら?

この「ナチュラルスパ・コンパクト 1人用」のQAによると1時間あたり22円とのこと。

今回サウナの電気代が690円であることが話題ですが、

1回あたり1時間使用(22円)×30回=660円となるのでほとんどメーカーの案内通りの金額になります。(基本料金・待機電力等は含まれていないものとする)

これなら我々が家庭で使用するときも電気代をさほど気にせず使用できそうですね。

100Vの家庭用サイズでこの値段なのでもう少し本格的な大人数用のサウナだとまた単価が上がると思われます。

池田市長が市役所に置いた家庭用サウナはどこのメーカー?電気代はいくら?まとめ

今回の騒動をうけ、「サウナって市役所に持ち込めるんだ。。」「サウナの電気代って思ったより全然安いな。。。」などなど様々な衝撃があったことと思います。

ただ、コロナで温泉やサウナ施設使用が懸念されるなか、『家庭用サウナ』という選択肢もこれから増えてくる可能性が高いです。

サウナは2020年現在もブームが続いており、体調がよくなる、美肌・美容効果がある、不安感が軽減されるなどなど様々なメリットや効果が期待されています。

いつか一家に一台家庭用携帯サウナ時代がやってくるかもしれませんね笑

コスパが良い家庭用サウナを是非覗いてみてください♪



日常
スポンサーリンク
にゃろをフォローする
にゃろブログ
タイトルとURLをコピーしました