ICL手術の手術費用はいくら?保険適用される?医療費控除対象?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
眼科 検査 ICL手術体験記 品川近視クリニック



視力回復手術でレーシックの次世代手術法と言われるICL眼内コンタクトレンズ挿入手術

目の手術が怖いということはもちろんあるでしょうがそれと同じくらい気になるのが手術費用や保険適用などのお金の問題だと思います。

そこで実際にICL手術を数多く行う品川近視クリニック東京院にてICL眼内コンタクトレンズ手術をし、翌年に確定申告を行った僕が上記の疑問についてお答えします。

スポンサーリンク

品川近視クリニックのICL手術費用はいくらかかった?

僕の実際にかかったICL手術費用は53万7,000円でした。
しかしクーポンを使用することで安く済ませることができました(後述します)

これは僕の目が近視度数が-5Dとかなり悪かった為です。
-5D以上は税込み53万7000円
-5D未満である人は税込み46万円と8万円ほどお安くなります。
年々目が悪くなっている人は-5D以上になる前に早めに受診・手術したほうが良いでしょう。

-5Dとは視力に換算すると約0.08と正常視力である1.0を大きく下回っています。
距離に換算すると20cm前のものがやっと見えるレベルです。

つまりめちゃくちゃ悪いです。

手術前検査時に視力測定をしてその時点で-5D未満か以上かがわかります。

僕はコンタクトを使っていましたが度数は-4.25のコンタクトを使っていたので微妙にあっていなかったんですね。

手術前検査で自分にあったレンズの在庫があるか、取り寄せになるかも決定します。
在庫があればすぐにでも手術可能ですし取り寄せの場合は少々時間がかかります。

また執刀医師を指名する際は追加費用がかかりますが、これはこだわりがなければどなたでも大丈夫です。

ICL手術の保険適用はある?

残念ながらICL手術に公的保険適用はありません。

全て自費診療となり全額自己負担になります。

先述した53万7000円は自己負担金額になります。

理由として保険適用がなされるのは基本的に病気や怪我により治療が必要とされる場合なのでより便利になるレーシックやICLは保険適用対象外となります。

ただし民間の医療保険であれば対象となる可能性がある保険もあります。

現在入っている保険会社に確認をしてみてください。

ICL手術は医療費控除対象になるのか?

ICL手術は医療費控除対象になり確定申告をすれば控除を受けることができます。

医療費控除とは医療費を支払った際に受けることができる所得控除です。

医療費控除をうければ減税や還付金等のメリットがある為、ICL手術をした際の領収書等は必ず控えておき翌年に確定申告を行い控除を受けましょう。

普段は年末調整を行っているサラリーマンも確定申告をする必要があるため是非申告してください。すぐに終わります。

確定申告を行うことで数万円~十数万円程度返ってくる可能性があります。
僕も実際に還付金を受け取ることができました。

品川近視クリニックICLのクーポンはある?

また、品川近視クリニックではレーシック・ICLの紹介制度があり、

紹介クーポンを利用することで1万円~7万円の謝礼割引が可能です。

数十万円の手術費用に対し数万円の割引はめちゃくちゃ大きいです。

クーポンをご希望の方は僕の下記メールアドレスまたは僕のツイッターのDMまでご連絡いただければすぐにクーポンを画像データでお渡しします。

もちろん質問・相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールはこちら👉nyaro.liberty@gmail.com

ツイッターはこちらからどうぞ👇

⚠注意点⚠
※ICLクーポンは電子でダウンロードしお渡しする形になるのですが、その際に来院者のお名前をフルネームで入力する必要があります。(下記画像参照)

お手数ではございますが、ご連絡の際にお名前フルネームを合わせてお教えいただけるとクーポンの発行がスムーズになります。なお有効期限は発行後1年程度です。どうぞよろしくおねがいいたします。

ICL 眼内コンタクトレンズ クーポン レーシック 割引 紹介 品川近視クリニック 会員 

 

またわからないことがあれば気軽にご相談ください。

僕が体験した身として分かる範囲でお答えしますm(__)m

タイトルとURLをコピーしました