名刺マスクとは?どこで購入できる?デザインの種類は?今話題のマスク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常



「名刺マスク」というマスクを知っていますか?

名古屋の「長屋印刷株式会社」が発案し、開発した名刺のような文字がプリントされたマスクです。

このマスクが「世の中でもマスクで顔を覚えにくい現状での逆転の発想だ!」と話題を呼んでいます。

 

この名刺マスクの購入方法やデザインの種類についてまとめてみました!

スポンサーリンク

名刺マスクはどこで購入できる?価格は?

名刺マスクは長屋印刷株式会社公式HPの「オリジナルマスク専用サイト」から購入可能です。

価格は1枚につき1500円(税込・送料無料!)

名刺マスクの種類について

名刺マスクにも3種類のテンプレートがあります。

○接客しマスク(1500円)
The会社のような名刺。名前がメインのマスクです。

○営業しマスク(1500円)
趣味や特技など、自己PRがメインのマスクです。

○売り込みしマスク(1500円)
画像を印刷できるデザイン。インパクトが強く目を惹きやすいです。

好きなテンプレートを選択し企業名や氏名などを自由に入力できるようになっています。

名刺マスクの仕様や耐久性・洗い方は?

名刺マスクは綿100%の素材でできています。
3層構造で 飛沫や花粉をCUT! 綿100%生地使用。
洗濯後のプリントの強さを測るテスト(JIS規格)では、4〜5級(最高5級)が取れております。洗濯後もプリントが落ちにくいので、繰り返し洗っていただけます。
気になる点であった洗うことによるプリント落ちですが、洗濯しても落ちにくいという公式のアピールは嬉しいですね。
ちなみに洗い方は『優しく手洗いを推奨』だそうです。乾燥機は使わないようにしましょう。
またサイズは大人用・子ども用があります。
大人は縦14cm×横18cm
子供は縦12cm×横14cmとなっております。
また調整用のアジャスターがついているためある程度調整は可能です。

名刺マスク以外にもオリジナルマスクを展開

作成会社である長屋印刷株式会社では『世界に一つだけのオリジナルデザインマスク』と称して完全オリジナルのマスクを自分で自由に作成し購入することができます。

これもお値段は1500円(税込)

自由にテキストや画像・スタンプなどを公式HPにてデザイン・アップロードしオリジナルマスクを作成することができます。

作成時の注意点としては著作権等に注意する必要があります。
他者の著作権を侵害するような画像等は貼り付けないようにしましょう。
どのマスクも抗菌・消臭・洗えるを備えたマスクであり、withコロナ時代に突入しても重宝する商品だと思います。
またオフ会等でも自分のアイコン・ID名が印刷されたマスクだと認識がしやすく便利かもしれませんね(*^^*)

 



日常
スポンサーリンク
にゃろをフォローする
にゃろブログ
タイトルとURLをコピーしました