ベビー用の紙おむつ自動販売機とは?メーカーはどこ?調べてみた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常



飲料メーカーのキリンビバレッジと花王が共同で開発したベビー用紙おむつ自販機が話題になっています。

ベビー用紙おむつ自販機とは普段我々が見かける飲料自動販売機の一部に紙おむつが加わり、自動販売機で手軽に紙おむつが購入できるという画期的な自動販売機です。

外出中に必要になったけど小分けで売っている紙おむつが少なく、まとめ買いせざるを得ない状態になり、手荷物が増えて大変な思いをしたことがあるというユーザーからの意見で実用化に至ったそうです。

スポンサーリンク

1,2枚だけでいいのに普通に買うと大変

外出先で必要になったはいいけど、上記のようなサイズを毎回購入していては大変です。

「1.2枚だけでいいのに」という思いもごもっともですよね。

日本経済新聞より

そこで上記のような2枚入りで飲み物感覚で手軽に購入できるベビー用紙おむつ自動販売機が登場したということです。これは確かに便利。片手に収まるサイズで持ち運びも簡単です。

ベビー用紙おむつ自販機の販売しているメーカーは?

現時点でベビー用紙おむつ自販機の販売しているメーカーは「キリン」「ダイドードリンコ」です。

コロナ影響で外出自粛で自販機売上も下がっていることが多い中、おむつ自販機の需要は多くあるそうです。また、災害用に道の駅やサービスエリアにも設置が進められています。

紙おむつ自販機のメーカーはこれからも増えていくことと予想されます。

参入が予想される自販機は以下の代表自販機でしょうか。これからに期待ですね。

  • アサヒ飲料自動販売機
  • サントリー自動販売機
  • ポッカサッポロ自動販売機
  • 明治自動販売機

ベビー用紙おむつ自販機まとめ

ベビー用紙おむつの気になる値段は2枚入りで220円とまさに自販機価格で購入可能です。

これから自動販売機におむつが売られていることを見かける機会が増えていくかもしれませんね。

また自動販売機という特性を活かしおむつ以外の製品がどんどん追加されていくことも考えられます
災害用にも使えることですし、自動販売機のこれからに期待ですね(^^)



日常
スポンサーリンク
にゃろをフォローする
にゃろブログ
タイトルとURLをコピーしました