筋トレすると幸せになる理由はセロトニンにあり。僕はこれで救われた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
筋トレ 初心者



にゃろ
にゃろ

セロトニンってなに?

分泌されるとどういう効果があるの?

「セロトニン」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

この物質はどういう効果があるのか、またどういう時に分泌されるのか、今回はセロトニンと筋トレの関係について紹介します。

スポンサーリンク

そもそもセロトニンとは

 

そもそもセロトニンとは脳内物質のこと。

身体というより中の精神を安定させる為に必要となってきます。

セロトニンが不足するとどうなる?

セロトニンが不足すると以下の症状が悪化すると言われています。

●イライラする
●うつ状態
●強迫性障害
●暴力的になる

そのようなことから我々が安定した生活を過ごす中でも欠かせない物質です。

僕は筋トレを始める前までは家を出る前に

『鍵がしまっているか』

『アイロンの電源はしっかり切れているか』

を何度も確認してしまうなどの無意味な行動を繰り返してしまう、強迫性障害を患っていました。

けれど筋トレと出会い身体を動かす機会が増えてからは確認行為が格段に減っていきました。
この時ほど筋トレに感謝したときは無いですね。

 

そもそも現代人はセロトニンが不足しがちだそう。

家からあまり出ない生活体系や運動不足が原因と言われています。

便利な時代だからこそ不足するものもあるとは複雑な気持ちですね。

セロトニンはどうすれば増えるのか

運動をする

軽い散歩だけでもセロトニンは十分に分泌されます。

筋トレすればなおのことたくさん分泌されるので、筋トレしているときは「今セロトニンが分泌されているんだな」と意識しながら筋トレするのもいいでしょう。

日光を浴びる

朝起きたら日光を15~30分浴びましょう。

と言われることが多いと思いますが、これはセロトニンを分泌させましょう。という役割が大きいです。セロトニンを朝に十分に分泌させることで一日を快適に過ごすことができます。

太陽浴びるだけでセロトニンが分泌されるんだから人間の身体って本当に不思議。

食べ物を良く噛む

食べ物はしっかり咀嚼してから飲み込みましょう。

顎を使って食事をしっかり噛んでたべることでもセロトニンは分泌されます。

 

セロトニンを分泌させて筋トレを継続させる

筋トレするとセロトニンが分泌されやる気がでます。

それにより筋トレめんどくさいな、、という気持ちが薄くなり、よし筋トレするか!と前向きにさせてくれる気持ちになります。

セロトニンやればやるほど分泌されます。ただやりすぎはもちろん厳禁。

ある一定のリズムで筋トレすることがセロトニンの分泌には重要です。

筋トレを継続させる記事はこちら

気分が落ち込んだら筋トレしよう

とりあえず気分が落ち込んで何もやる気が出ない。って人はまずはその場で10回、いや5回だけスクワットしてみてください。

する前とした後ではやる気がまるで違ってくると思います。

 

「筋トレ」という言葉がつくと、仰々しい感じになり、ガッツリやらなきゃいけないのかな。。って思いがちですがそんなことは無いです。

1回でも筋肉のトレーニングになればそれは筋トレです。

 

幸せだから筋トレするのでなく、幸せになるために筋トレするって考えれば少しは筋トレの見方も変わってくるのではないでしょうか。

何か思いなやんでいる人は1回でも1分でも筋トレしてみてください。

少しでも筋トレ前とは視点が変わっていることと思います。

僕のように筋トレで人生が変わるほどの変化が訪れる人が増えると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました