確定申告について対象・申告の期間はいつ?「めんどくさい」を無くす!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



サラリーマンや学生にはあまり縁が無い確定申告。

会社を退職した筆者もいよいよ自分ごととなりました。

今回は確定申告について調べてみましたので自分なりにまとめてみました。

◯確定申告ってなに?

◯会社をやめたからといって確定申告する必要があるのか

◯そもそも確定申告をしなきゃいけない状態とは?

◯確定申告の対象者・やりかたについて

上記について説明していきます。
スポンサーリンク

確定申告とは一体なに?

【確定申告】とは簡単に言えば1年間の支出・収入から国に収める所得税を決定する作業です。

Wikipediaによるとこのように解説されています。

  1. 個人が、その年1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や扶養親族の状況等から所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること
  2. 法人が、原則として定款に定められた事業年度を課税期間としてその期間内の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定すること
  3. 消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること

Wikipediaより

国民には税を収める義務があるので、もし収めないと税務署(国)から「払わないとダメですよ」とお叱りを受けます。

確定申告を行う期間

確定申告の義務がある方は1年に1回、昨年の1月1日~12月31日までの税金を計算し、翌年の2月16日~3月15日の間に税務署に報告及び納税をする必要があります。

最近はアプリ・クラウドで報告できるそうですね。コロナもあるので嬉しいところです。

払いすぎた税金を還付する「還付申告」という申告もありますがそれはまた別途解説します。

確定申告を行う必要がある人

年間の所得金額(収入)から所得控除額(控除にはいろんな種類がある)を差し引いてもプラスになる場合は申告を行う必要がある。

フリーランスや自営業などの個人事業主は必要

所得が38万円以上ある個人事業主は必要になる。

例えばubereats配達員は個人事業主にあたるので確定申告は必要です。

会社員でも給与額が2000万円を超えるひと、副業で20万円を超える人

会社員で年末調整によって確定申告が行われていても給与額が2000万円または副業で20万円を超えるひとは確定申告が必要です。

役員レベルの人はあり得るかもしれません、がなかなかいませんね。

年の途中で退職したらしたほうがいい

筆者みたいに年の途中で退職したら年末に会社にいないので年末調整を受けられません。

なので払いすぎた税金について還付をうけれなくなってしまっているので自分で確定申告を行い、還付金を受け取る必要があります。

確定申告まとめ

「確定申告はめんどくさい」と思って遠ざけていたけどそれほど難しくもなさそうです。

税理士にお願いすることもできますが、できるだけ自分で行うようにしましょう。

費用も抑えられるし貴重な経験になります。



日常
スポンサーリンク
にゃろをフォローする
にゃろブログ
タイトルとURLをコピーしました